MENU

ドローンの操縦は難しい?

 

 

ドローンの操縦というのは、ラジコンのように操縦するのが一般的です。
しかし、自分からは見えない場所に飛ばすことはできません。

 

そのため、コンピュータを搭載してプログラミングを行うことによって自立飛行させることができるドローンも開発されています。
操縦するタイプのドローンと比較をすると効果にはなるのですが、自立飛行タイプというのはモード次第で操縦することも可能ですので、楽しむ幅というのはかなり広がること間違いありません。

 

また、GPSを利用して行う自立飛行もあります。
自立飛行タイプでもGPSを使用したタイプというのはベーシックなものになります。

 

GPSからうける電波で自分がどの辺りを飛んでいるのか、ということを判断します。
そしてプログラミングと同じように飛行するのです。

 

GPSという簡単なシステムを使用しています。
そのため、普及しやすいというのは最大のメリットだといえますね。

 

ただし、場所によってGPSの精度というのは落ちてしまうのですが、入り組んだ場所を正確に飛ばしたい!
そのような場合には多少信頼性は劣ります。

 

ドローンは操縦自体は難しくありませんが、使用する方法や目的によっては多少操縦も難しくなることはあります。